German
English
Japanese

TTS
Technical Translation Services GmbH

RINA-Logo

Certified
ISO9001 / EN15038

Yasuko Leers-Ariizumi
Susanne Abbey
Karin Veit / Layout
Britta Freude
Uwe Leers
Jan Wolters / Technikübersetzer
Sean Abbey

当社について

 

TTS GmbH とその社員

 

TTS は 1984年から存在しています。元来KG (合資会社)として設立された当社は、1991 年に GmbH (有限責任会社)に変更されました。当社チームはほぼ昼夜兼行でお客様に対応可能で、ご用命を世界規模でコーディネートすることができます。ハンブルグにおいてなされる作業を、日本との時差がまるでないかのように対応させていただきます。

 

その際に当社は、大多数が母国語の国に生活する130人を超す資格ある優秀な翻訳者のグループに全幅の信頼をおいています。そのために、用語法(言語慣用)が翻訳先言語の国の現況に確実に相当し、時代遅れの硬い印象を与えることがありません。全ての文書は、翻訳者がWord等の従来のテキスト処理プログラムを使ってテキスト内容を処理できるように、ハンブルグで準備されます。 そのために、翻訳者は  InDesign 等の複雑で高価なプログラムを自ら所有する必要がなく、バージョンの違いあるいは様々なユーザー設定から生じるトラブルが完全に防げます。翻訳が終了するとテキストは再び当初のプログラムに送り込まれ、チェックされ、必要があればレイアウトされなおされます。準備と Word への転換は、お客様の文書をPDF形式で受け取る場合にも行われます。それは、PDFにおいては通常、文全体ではなく、小部分でしか処理できないからです。

 

重要なことは勿論、当社がほぼ全ての言語をCATツール (コンピュータ支援翻訳) を使って処理するため、文書内での一貫性を保証できることです。同時にそれによってお客様のために  「Translation Memory“(翻訳メモリ) 」も構築し、同一テキスト段落を繰り返し翻訳することを防ぎ、コストダウンに寄与します。

 

品質

 

当社TTS では品質に非常に高い要求を課しています。それは、この品質からお客様である貴社に利益を得ていただきたいと考えているからです。 その際、お客様からの個別の要求は多様を極めます・・・ケースに応じて、業界特有の用語の完璧な維持ばかりでなく、文書内容が納得のゆくものかどうかの根本的なチェックにまで至ります。

 

それぞれの依頼主あるいは文書に関係なく、当社にとっては常に、お客様が規定なさるコスト枠内で到達可能な最高限の品質を納品することが目標となります。 実現の際には勿論、お客様のご要望の詳細にわたる把握と分析が先行されます。

 

多くのクライアントにとって、翻訳の期日厳守あるいは早期の納品は最も重要な品質特性であり、これは、非常にきついスケジュールにおいては極めて高いレベルの集中作業によってのみ達成可能です。その際には当社では当然のこととして、時には徹夜作業となることがあります。 別の選択肢は、複数の社員によるコーディネートされたテキスト処理です。ここでは、不変な用語の維持が特別にやりがいのある課題となります。近代的な用語ソフトウェアがその際に、確実にこの品質要件を満たすことができるよう、当社の翻訳者を支援します。

当社の ISO 9001システム

 

2004年に既に当社は DIN ISO 9001:2015 に準拠した品質管理システムを導入しました。 このシステムはSGS 社によって認証されています。当社の品質管理システムは勿論のこととして、毎年内部及び外部の監査を受けます。

 

本品質管理システムはお客様との初回接触に始まり、注文契約の締結に至るまで、最適なプロセス経過を保証します。 求められた品質からの逸脱はどれも当社で分析され、過去に遡って調べられ、社内の改善提案と同様に、使用される処理方法、用紙及びチェックリストの調整につながります。

 

このようにして TTS はそのサービス業務の品質を保証するだけでなく、絶えず拡充しております。 仕事の進行プロセスと投入されたツールが、絶えず効率性に関してチェックされ、必要な場合には改善されます。全く同様に社員の資格能力も定期的にチェックされ、トレーニングによってたゆまず拡充されます。

 

技術的文書の作成は、当社が長年にわたって経験を積んできた業務です。 それによって当社は、非常に高い品質を、同時に又適当で公正な価格を保証できるのです。